ブログ

こんにちは。

少し前に、「リソース」内に開発者向けのドキュメントをまとめた「ドキュメント」ページを公開しました。
いままでgoogle codeやサイト内に散っていた開発者向けのヘルプや開発情報をまとめたページになります。

ドキュメント

ドキュメント

オープンソースのAipo7をこれから導入される方、現在使用中でカスタマイズやわからないことがあった時は、ドキュメントをぜひご覧ください。

随時内容を更新しておりますが、ドキュメントに載ってなかった場合、コミュニティもぜひご覧ください。

もちろん、ユーザーのみなさまのコミュニティご参加も、お待ちしております!

Aipoの多言語対応その2

岩崎 2013.07.25 カテゴリ:開発 タグ:

Aipoでは多言語化対応を進めています。

日本語[ ja_JP]、英語[en_EN]、韓国語[ko_KR]等々様々な言語ファイルを用意していますが、たまに[1]やアラブ圏のロケールのブラウザからのアクセスが有るようです。そういった場合に今までは文字化けが発生していましたが、該当する言語ファイルがないロケールの場合はデフォルトの言語ファイルを表示するようにしました。

詳しくはこちらのコミットをご覧ください。

https://github.com/aipocom/aipo/commit/47efd7c848495ba1e6b8b30ef0a4e248fb7bfe34

https://github.com/aipocom/aipo/commit/0c9e562a059724e69a689482ae3f4f99d48a02ab

タイトルで全部言い切ってしまいました。

IEでのデバッグに便利な開発者ツール。でもとあるサイトを開いた際に表示が崩れる、なんてことがありました。

aipo.png

どうやらこれ、cssを読み込むときにmedia属性をつけていると起きてしまう現象だったようです。

<link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css" />

のようにmedia属性を外す必要が有るようです。

Aipoではバージョン6からOpenSocialに対応したソーシャルアプリを使うことができます。

開発の際にはApacheなどの別サーバを用意して、そこにxmlを置いて・・・というのが一般的かもしれませんが、最も簡単にソーシャルアプリを動かすにはTomcatを使います。

aipo\war\target\aipo\chat-root.xml

のようにファイルを置くことで

http://localhost:8080/aipo/chat-root.xml

でアクセスが出来るようになります。

あとはAipoのアプリ追加でこのURLを指定することでとりあえずソーシャルアプリが使えるようになります。

targetにあるので、mvn cleanとかすると消えるのでそこだけ注意です。

Aipoの多言語対応

岩崎 2013.07.16 カテゴリ:開発 タグ:

Aipoでは多言語対応を進めています。

日本語以外のブラウザでアクセスした際に画面上に

l10n.XXXX

のように出てしまう場合、多言語化対応に対応していない言語の可能性があります。

カスタマイズする際には

https://github.com/aimluck/aipo/tree/master/war/src/main/resources/com/aimluck/eip/modules/localization

に該当するフォルダに該当の言語ファイルを置く(AipoLocalization_ja.propertiesをコピペしてファイル名をリネームする)ことで、回避することができます。

最近では韓国語(AipoLocalization_ko.properties)・中国語(AipoLocalization_zh.properties)のブラウザで表示した際にl10n.XXXXのように出てしまっている現象に対応しました。